ガリットチュウ福島、近藤春菜のモノマネで新ハリセンボン結成!?/ファミリーマート中華まん新作発表イベント

株式会社ファミリーマートは、“ファミ横中華街”シリーズとして展開する「ファミマの中華まん」を刷新。これまでにも熟成生地の本格肉まんやチーズたっぷり熟成生地のピザまんなど話題の新商品を発表。
そして11月より発売となる“斬新すぎる”冬の新中華まん新商品をお披露目する【新商品発表会&先行試食会イベントpresented 
ByiBEYA】に参加した。
定番の〈肉まん〉、〈ピザまん〉に加え、この冬ファミリーマートが発表する新作中華まんは、従来の「蒸し」だけでなく、「焼き」の工程を加えた“焼き”中華まんシリーズ最新商品<焼きパオズハッシドビーフ>、トンポーローを湯葉で包み、その上から中華まんの生地でさらに包み込むW包みの<湯葉包みトンポーローまん>、豚肉の旨味と想像を超えるチーズの「伸び」を楽しめる<ファミマプレミアムチーズ肉まん>という、斬新すぎる3商品。そして従来のイメージを覆す、斬新すぎる中華まん発表&試食会に相応しいゲストということで、ガリットチュウの福島善成と元祖ハリセンボンの箕輪はるかによる斬新すぎる新コンビ“新ハリセンボン”のお2人が登場した。

有名人の完コピモノマネでInstagramを賑わせている、ガリットチュウの福島善成は、先月末に自身のInstagram上ではるかの相方、近藤春奈のモノマネを披露。すると恐ろしいほどの激似っぷりが大きな話題となった。

ファミリーマートの中華まんに関する思い出を問われると、「駆け出しの頃、冬の撮影でドレス姿に水をかけられるという撮影が
あったんですが、その後に食べた中華まんが美味しすぎて涙が出ました。」(はるか)と少しホロっとさせる体験談があったかと思えば、福島は「デビュー当時に一緒に中華まん食べたけど美味しかったよね!」と語ると、はるかは「そんなことあったっけか?」とのっけから息の合わない2人に会場からは笑いが起こった。

更に発表された新商品3品の詳しい説明を聞いた2人は、「商品名からして魅力的!早く食べたいー」(はるか)、「もう“絶対美味いヤツ”っていう商品名でもいいくらい!」(福島)など、次々と明かされる全く新しい中華まんに胸を躍らせた。そしていよいよ実食。するとそこに斬新な新コンビの誕生のお祝いも兼ねて、ファミリーマートのバイトリーダーファミチキ先輩がかけつけた。ファミチキ先輩は「新コンビ結成、おめでとうございます!」と2人を祝福しながら、「新しい仲間(新中華まん)を店頭に並べて頂くのが楽しみですね!私の“先輩”という立ち位置だけは譲りませんが!!」と新たな仲間の誕生を喜びながらも、先輩の威厳だけは保とうと躍起になった。

新中華まんの前に、不動の人気を誇る大人気の〈ピザまん〉を用意された2人は早速試食。上手くいけば食べた時のチーズの伸びが30cmにもなるという〈ピザまん〉だが、なんとはるかは40cmもの奇跡の伸びを見せ、会場を大いに沸かせた。続いて<焼きパオズハッシュドビーフ>を食べた福島は「中身のソースがいい色合い!赤ワインの香りも手伝って、止まらなくなる~」と絶賛。<湯葉包みトンポーローまん>を食べたはるかは「名前からして食欲をそそる~。しかも大きい!!この皮のもちもち感がたまらない!」と語り舌鼓をうった。そして最後の商品<ファミマプレミアムチーズ肉まん>を食べた福島。これまでの中華まんを全て完食していた福島は「全部食うボケやってたらお腹が持たない…」と独りごとを言いつつ、「夕飯いらないって嫁に電話してきていい?」と本番中にも関わらず直談判。すると会場はどれだけでも入る異次元のお腹を見せた福島に大きな拍手を送りつつ、爆笑の渦に包まれた。

新中華まんを心行くまで堪能し、すっかり意気投合した新ハリセンボンの2人とファミチキ先輩。トリオの良さに味を占めた福島は「これからも3人でやっていこうよ!そして中華まんのイメージキャラクターになろうよ!」と語り、ファミリーマートの新しい顔になろうと、必死に営業をかけた。しかしそこは相方想いのはるか、やっぱり元の春菜がいいようで「やっぱり元の春菜がいい…。だって違和感が凄いんだもん!」と涙ながらに語り、“新ハリセンボン”は結成1日にしてあえなく解散となった。